公益社団法人 全国珠算学校連盟 / 公益社団法人 全国珠算教育連盟 / 一般社団法人 日本珠算連盟

全国珠算教育団体連合会

「世界そろばんフェスティバル」が開催されました

  • 世界そろばんフェスティバル

    そろばん交流

  • 世界そろばんフェスティバル

    開会行事

  • 世界そろばんフェスティバル

    シンポジウム

本団体が協賛した「世界そろばんフェスティバル」が、令和元年8月21日(水)に、東京武道館(東京都足立区)にて、開催されました。

そろばんを通じての国際交流が目的で、小中学生ら約720名の参加者があり、うち47人は南アフリカ、インドネシア、スリランカなど九つの国と地域の小中学生です。

見学者・スタッフ等合わせて合計1,694名の参加者により、そろばん交流・フラッシュ暗算、シンポジウム、自国の伝統的な踊りを披露し、最後は参加者全員で「東京五輪音頭2020」を踊りました。

会長あいさつ

平上一孝

 本会は、全国珠算教育団体連合会といい、我が国の学校教育における珠算の発展に寄与することを目的として発足しました。

 日本の教育の原点は「読み・書き・そろばん」といわれています。平成29年3月に告知された小学校学習指導要領第3・4学年には『そろばんを用いた数の表し方と計算に関わる数学的活動を通して、知識及び技能、並びに思考力、判断力、表現力等を身に付けることができるよう指導する』と記されています。

 算数科のそろばん学習は、計算の結果を追い求めるのではなく「なぜ、そのように玉を動かすことが、その計算の答えになるのか」等自分の考えを整理し、発表する機会を可能とすることも、学習指導要領の目標のひとつです。

 今後も、小学校の教育現場や様々な教育機関からの声に耳を傾け第3・4学年の算数科における「そろばん」に関する授業の実践例やすべての学年において、そろばんの効果的な授業の研究に取り組んでいきます。

TOP